他人に粗末にされる方へ「粗末にされない方法?」

 

悲しみを感じるとき

怒りを感じるとき

恐怖を感じるとき

 

こんな感情

なるべく感じたくないなと

思うことがある方も

そうでは無い方も

 

そんな時、いつもはどうしていますか?

 

感情をマネジメントに、コントロール、うまく付き合う方法

結構、流行ってますね。

 

いろいろありますが、、、

ネガティブな感情を感じないようにしても問題は解決しません

 

というよりも

目の前の問題は大きくなります。

 

我慢強いことは良いことだ!

感情的なのはみっともない!

という雰囲気のなかで、

 

真面目に過ごして「怒りや悲しみを表現しない人」は、

 

人から軽く、テキトーに、粗末に扱われます。

 

「あの子は我慢強いから、ちょっとくらい寂しい思いをさせても大丈夫だろう」

「あの人だったら怒るかもしれない。けれど、この人なら、このくらい押し付けても大丈夫だろう」

誰かに対して、そんなことを思ったことはありませんか?

 

どうなるか想像できますよね?

人から軽んじられて、適当に、粗末に扱われるようになります。

あなたが耐えれば耐えるほど、かえって目の前の問題がぐんぐんと大きくなります。

 

感情はお天気といっしょ、コントロールできるものではありません。

お天気に正しい天気、間違った天気はないでしょう。

どんな感情にも正しい、間違ったは無いんです。

 

感情を感じないようにすれば、こんなに苦しまないのにと思ったりしますか?

それは、感情を感じるのが苦痛なのでなくて、感じないように我慢することが、あなたに苦痛を感じさせるんです。

 

たまに誰かを

「もう泣くなよ」となだめたり

「そんなに怒っても、どうなることでもないだろう」と

さとすひとがいたりしますが、

 

それは

楽しんでいる人と一緒にいると

楽しい気分になることと一緒で

泣いてる人、

怒っている人のそばにいるのが、

ただ不快だからそうしてるんです。

 

怒っている人や泣いている人を、叱ったり慰めたりするのは、

相手のためではなく、

その感情が自分にうつるのが嫌だから無意識にやってること。

 

もしあなたの大切な人の、そんな場面に立ち会った時は

「そんなことされたら怒って当然だよ」

「そっかそっか、それは悲しいよね」

「そんなことあったなら誰でも怖いよ」

と、共感してあげてください

 

もちろん自分自身に対しても。

 

感情をマネジメント、コントロールしようとするのでなく、

「悲しいよね」

「ここは怒りを感じても当然」

「怖いよね」

…と

 

自分の感情を受け入れると、カラダがゆるんでいきます。

 

それを適切に表現できると、人から大切にあつかわれるようになります。

 

 

 

       

あなた本来の笑顔を取り戻すために、ちょっと前に進みたくなったら、

 

ひと月に数回、読むだけでココロとカラダが軽くなる

ABOUTこの記事をかいた人

マシュー 村岡

心理療法家・カウンセラー(大阪、福岡、東京拠点で全国) 主に30代~50代女性の「恋愛、家族、人間関係」の上手くいくをサポート。 専門は、ネガティブ感情の悩み、うつ、パニック、不安障害をひきおこす原因の根本解消。 キャラがやわらかすぎると評判。 好きなもの:スパイスカレー、麺、滝、原生林、犬猫、本屋、おさんぽ