「感情と涙があふれる?」訳もなく涙が止まらない、涙が出る理由がわからない方へ

 

いくら泣いても、いくら泣いても、涙がとまらない場合は

泣きたい本当の理由は、目の前の問題のせいではないかもしれません。

 

何があなたを泣かせるような気がしますか?

何があなたに泣くことを我慢させていた気がしますか?

 

いつから泣きたかったですか?

いつから我慢していましたか?

泣いてはいけないと思ってませんでしたか?

 

その止まらない涙に、もし口が付いていてしゃべるとしたら

あなたに何を伝えているような気がしますか?

 

・くるしい

・つらい

・しんどい

・さみしい

・ひとりでがんばってきた

・たすけてほしい

 

ひょっとしたらそんな言葉が思いつくかもしれません。

そして、それは、あなたの胸の中にいる小さなあなたが

その言葉を、

”あなた”から、かけてもらうことを待っているのかもしれません。

 

自分の胸の奥のわずかな感覚をたよりに

 

「くるしかったよね」

「つらかったよね」

「しんどかったよね」

「さみしかったよね」

「ずっとがんばってきたよね」

「たすけてほしかったよね」

 

そういってあげてください。

 

胸のなかの小さなあなたが落ち着くまで。

 

安心するまで。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

マシュー 村岡

心理療法家・カウンセラー(大阪、福岡、東京拠点で全国) 主に30代~50代女性の「恋愛、家族、人間関係」の上手くいくをサポート。 専門は、ネガティブ感情の悩み、うつ、パニック、不安障害をひきおこす原因の根本解消。 キャラがやわらかすぎると評判。 好きなもの:スパイスカレー、麺、滝、原生林、犬猫、本屋、おさんぽ